皆さん、ようこそ。

前回、前々回と6属性育成を勧めて来ましたが、今回はその6属性で優先すべき属性と、その育成方法を書いていきます。

※ この記事の育成方法は非常にオーソドックスなものとなっております。
 「俺はどんな手を使っても最速でパーティーを鍛えるんじゃ!!」という方は下記のリンクの記事をご覧ください。

優先して育成すべき属性と育成方法(邪道)

1.6属性はどれから鍛える?

結論から言いますと。

とりあえず火水風土の4属性の1番強い属性を育ててください。
その後に鍛えた属性の不利属性を育てる。
あとは繰り返しです。
ただし、マグナ戦は6属性全てで毎日自発してください。

例えば、1番強いのが風属性だとしたら、それをマグナ最終編成まで育てる。

次に土属性をマグナ最終編成まで鍛える。

そうしたら次は水属性を鍛えて、火属性を鍛えて、という感じ。

普通ですか?そう、普通です。

今までと何ら変わりなしヽ(゜▽、゜)ノ

まあ戦えるマルチ戦が増えたところで、マグナ3凸編成くらいじゃないとまともに戦えないですし。

マグナ3凸になるまでは、とにかくマグナ戦の救援に向かい、準MVPでもワンパンでもいいですからSSR武器をもぎ取ってきましょう。

ちなみに、飽きてきたら属性を不利属性に変えるといいでしょう。

今まで育てたパーティーを存分に活用しながら武器集めができるため、他の属性を鍛えるよりは多少マシです。

そうやってぐるぐる属性を移動していると、そのうちマグナ3凸編成が完成します。

そうすればマグナHL戦や6人旧石HL戦、天司マルチ戦と行きたい放題になりますので、これらに通い、マグナ最終編成を完成させましょう。

もし全属性偏りないという方がいれば、その場合は風属性から鍛えてください。

風属性ってどう見ても初心者向けの属性です。

カジノにアナトはいるし。ティアマグは1番弱いしマグナ編成が強いし。

でもやり方は同じ。

飽きたら土属性を鍛えて、それでも飽きたら水属性。

ぐるぐる回っているうちにマグナ3凸が完成します。

2.光と闇属性は?

結論から言うと、

気長に育てましょうヽ(゜▽、゜)ノ

とにかく育てにくいのが光属性。

闇属性は光よりはマシなものの、他の4属性よりはるかに育てにくい。

理由はもうおわかりでしょうが、

SSRマグナ武器がなかなか落ちないからヾ(`Д´*)ノ

セレストクロー・マグナは落ちない!!

シュヴァリエソード・マグナはもっと落ちない!!!ヾ(`Д´*)ノ

なので、2つとも武勲交換で確保しましょう。

特にセレストクロー・マグナは時間さえかければ全て交換で入手できます。

問題はシュヴァリエソード・マグナで、7本しか交換できません。

シュヴァ剣4凸2本でも編成には十分強力ですが、やはり3本は欲しい。

ということで、とにかくシュヴァマグを狩りましょう。

セレストマグナもついでに狩りましょう。いつか揃いますから。

3.全属性マグナ4凸揃えると・・?

とまあ育成して、全属性マグナ4凸最終編成を揃えると。

どこのバトルでも戦うことができますヽ(゜▽、゜)ノ

ネットではよく「マグナ編成は弱い」と言われていますが、そりゃ火水土闇属性は神石編成に比べれば弱いです。

しかし、バトルクリアには何の問題もありません。

武器の他、召喚石、ランク、プラスなどの育成要素を突き詰めればマグナ編成でもかなり強くなります。

古戦場でも十分活躍できるレベルになれますので、ガンガンマグナ編成を育てていきましょう。

育成途中にガチャで神石が当たっても、神石編成の武器集めのために結局マグナ編成は必要ですし。

というわけで、しっかりマグナ最終編成を作ってください。

ちなみに、育成難易度は火水土風属性間はそんなに違いはありません。

そこから大きく離れて闇属性がかなり難しい。難しいというかセレ爪が集まらない。

そしてさらにそこからものすごく大きく離れて光属性の完成が難しい。シュヴァ剣4凸7本です。

ダントツで難しいですが、これが完成すればアルバハHardもクリアできるようになります。

ランク185になる頃には、慣れればそこまで苦労せずに倒せるはずです。

 

今回はここまでにします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。